食後の眠気記事一覧

食後、突如襲って来る急激な眠気!誰もが一度や二度は経験された事がある事でしょう。特に昼食後は訳もなく強烈な睡魔に襲われ、それが慢性化している人も多いのではないかと思われます。その悩みが不眠の原因の一つとなって、余計に寝不足になり、余計に食後の眠気を増している可能性もなくはないかも知れませんね。しかし、食後の眠気は、急激なものであろうが、慢性的なものであろうが、ある意味生理的現象の一つであって、しか...

食後、特にランチタイムの後に、強い眠気に見舞われるという方は少なくないでしょう。中には、それが毎日の習慣になってしまわれている方も多いようですね。実際、これは一つの生理的現象であって、回避する事は困難であるという見解も存在します。そこで、重要な会議は、絶対に午後には開かず、午前中か夕方にしているという企業もあるほどです。とは言え、やはり午後という時間帯が、最も人が集まりやすく、ゆっくり話し合える時...

人はなぜ、食後に眠気に見舞われる事が多いのか?その答えは比較的単純で、生理的現象だからしかたがないと言い切る事も出来ます。ただ、実際の所、その原因は実にまちまちで、身体的な部分に潜んでいる事もあれば、精神面が要因となっている事もありますし、いや、なんの事ない、単に生活環境や習慣に問題があるだけという事もしばしばです。加えて、日々食後の睡魔に襲われる訳ではなく、全然平気な時もあれば、なんで今日はこん...

午後の会議や授業の最大の課題、それは眠気といかに戦うかである!これには思わず同意して下さる方は多いでしょう。そう、とかく食後の眠気との戦いともなるのが午後の会議や授業です。無論、他にも仕事上、いろいろと足を引っ張られる事の多いランチタイムの後の睡魔ですが、それでも、コーヒーや紅茶を飲んだり、ガムやチョコレートを食べたりする事が許される状況であれば、あれこれ対処法はあります。さらに、眠い時は寝るのが...

食後の眠気対象法は様々ありますが、誰もが知りたいのは、いつでも、どこででも、誰にでも、誰にも知られずこっそり出来る眠気覚まし法!やはり皆さん、午後の仕事中や授業中に睡魔に見舞われる方は多いらしく、そんな時に即使える技を求めておられるようです。ならば、正しくいつでも、どこでも、誰にでも、誰にも気付かれずこっそり睡魔と戦える戦略を伝授しましょう。それはズバリ、手のツボ押しです。しかも、自分の手で自分の...

食後、それも、特に昼食後に激しい眠気に襲われる人は、低血糖症や糖尿病の恐れがあるとも言われます。実際、これはまぎれもない事実ですから、まるきり無視する事は出来ませんが、例え病気でなくても、昼寝をする習慣のある人は、体内時計によって、自然に睡魔が発生するようになっていますし、そんな習慣がなくとも、食後の眠気というのは、あって当たり前のものと考えていいでしょう。その証拠に、とあるアンケート調査によると...

私たち人間が眠くなるのは、三大欲望の一つとして、「睡眠欲」というのが備わっているからです。因みに、他の2つの欲望は、食欲と性欲。無論、三大欲望と言っても、その強さは人それぞれで、特に性欲と食欲については、個人差がかなり大きいものではあるでしょう。それに対し、睡眠欲はどんな人にも旺盛なのが一般的で、そこには、人間は眠らなければ生きては行けないというやむを得ない現実が深く関わっているものと考えられます...

私たち人間は生物、それも心身共に健全なる生物ですから、日光の日差しが大好きです。そこで、その太陽光にしっかりと反応するように元々はなっているのです。つまり、お天道様が昇るとともに目を覚まし、日が沈むとともに眠りに就く!これが本当の生理的活動であると言われています。年を取ると人間、早起きになり、夏場などは、まだ明るいうちに有色を済ませると、とっとと“おやすみ!”という方もおられますが、これは人類が持...

私たち人間の体は、一定量の疲労が蓄積されると、自然と睡眠欲が作用し、眠気を感じる仕組みになっています。ところが、それほど疲れるような事をしていなくても、毎日きちんと昼食後になると睡魔に襲われる人がいます。それはズバリ、昼寝の習慣のある人です。何故なら、我々の体内には体内時計が備わっていて、その体内時計によって覚醒力が調整されているからです。覚醒力というのは、目覚める力と捕らえられがちですが、厳密に...

最近よく耳にする「自律神経失調症」!でも、これって、病気の名前ではないという事をご存じでしょうか?それに、自分には関係ないとか、縁遠いと思っている人でも、もしかしたら軽い自律神経失調症状態にあるかも知れないという事も知っておいた方がいいかも知れませんよ。そもそも自律神経失調症というのは、ストレスが原因で、活力を促す交感神経と休息を促す副交感神経という2つの自律神経の駆け引きがうまく噛み合わなくなり...

食事はとにかくよく噛んで、ゆっくり食べるようにとよく言われます。ただ、それが健康の秘訣という事で、実践しなければと思いつつも、実際には中々出来ない!そういう方が圧倒的多数なのではないかと思われますね。しかし、その理由の一つとしては、すぐに日々の悩みを解決してくれるような効果が見られないとか、本当に健康体になるのかどうか、なっているのかが実感として掴みにくいという部分が往々にしてあるのでしょう。です...

私たち人間の体は、出来る限り快適な体温を維持しようと日々頑張っています。つまり、体温が上がれば下げようとし、下がれば上げようとするのです。しかし、この事が食後の眠気に大きく関わっているという事を知っている人は案外少ないのではないでしょうか!?食後の眠気と体温コントロールの関係を明らかにするためには、まず、睡眠と体温の関係を確認しておく必要があります。そこで思い出していただきたいのが、赤ちゃんの頃の...

昼間の眠気や倦怠感を解消するためには、夜間に必要なだけの睡眠、それも良質な睡眠を取る必要性は否めません。何しろ私たちの体は、必ず睡眠不足を睡魔という形で攻撃して来る仕組みになっていて、日々寝不足と日中に眠気を感じるという事を繰り返している人の事を一説には睡眠負債と呼んでいる位です。しかも、消費者金融の取り立ては、今は法律も厳しくなり、かなり紳士的ですが、睡眠銀行の取り立ては容赦ありません。職場や学...

食後に何か眠いと感じる事や時に耐えられないほどの強い睡魔に襲われる事は珍しくありません。そして、その何か眠いや耐えられないほどの眠気の原因は、消化のメカニズムにあるとか、睡眠不足の証拠であるとか、疲労蓄積や病気のサインであるなどとも言われますが、そうした根本的な理由はさておき、とにもかくにも、その眠気がメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンの仕業である事は間違いなさそうです。このメラトニンは、大脳半球と...

私たち人間は、何かにつけ、自律神経が関与しています。人の言動は全て自律神経が操作していると言っても過言ではないでしょう。従って、当然のごとく、多くの人が悩まされている食後の眠気にも大きく関わっている訳で、そのコントロールが上手に出来るようになれば、午後の会議や授業も上手に乗り切れるようになるのです。自律神経というのは、交感神経と副交感神経の2種類の神経から成るもので、交感神経は活動を、副交感神経は...

食後の眠気は、消化を極力スムーズに行えるように一工夫する事でも軽減出来る事が多々あります。やはり満腹になると、消化に多量のエネルギーを必要とするため、体は自然に疲れますし、脳の働きは弱まります。加えて、消化器官を作動させるために、休息を促す副交感神経が活性化されますから、結果適に睡眠を誘発してしまうのです。ではでは、どういう点に気を付ければ、食後の眠気は回避出来るのでしょうか?その基本はまず、食事...

食後に眠くなるという事は決して珍しくありません。恐らく、誰もが経験した事であり、特におなかが一杯になると眠くなるというのは、昔から言われている事です。しかし、よくよく考えて見ると、食後は食後でも、朝ご飯の後に急に眠くなるという事はあまりないのではないでしょうか?まあもっとも、朝食というのは、軽く済ませるのが一般的で、眠くなるほど鱈腹食べないというのもありますし、何より、寝て起きたばかりなのですから...

夏が来れば見舞われる食後の眠気という事で、暑い時期は、昼間でも何となく一日中眠いとか、特に昼食後に急激に眠くなるという方は少なくないものと見られます。そして、その原因として、多くの方が上げられるのが熱帯夜による睡眠不足!確かに、夜間の気温が25度を下がらなければ、寝苦しい事は間違いないでしょう。結果、熟睡出来ず、昼間でも眠いというのは当たり前の現象だと言っても過言ではありません。ただ、ちょっぴり誤...

秋も一段と深まり、夜は寒い位の日も増えて来ましたからね、正しく、お鍋に熱燗というのがたまらない季節の到来です。また、昼間でもそろそろ、鍋焼きうどんやラーメンなど、暖かい物が食べたくなる事がありますが、夕飯の鍋に日本酒はさておき、昼食の鍋焼きうどんやラーメンは危険かも知れませんよ。むろん、危険と言っても、それが決して体に直接悪影響を与えるという意味ではありません。ただ、食後に急激な眠気を呼び、事故や...

毎日昼ご飯を食べた後、眠いなぁと思っておられる方はとても多いはず!そして、それには様々な原因があって、時に大きな病気のサインである事も珍しくはありません。が、しかし、やはり最もオーソドックスで多い食後の眠気の原因は、夜間の睡眠不足!そして、疲労の蓄積です。実に当たり前で単純明快な理由ですが、我々人間には、生命維持のために最低限必要な栄養摂取とともに睡眠摂取というのもあります。その必要量の睡眠が賄え...

食後の眠気を予防したいとか、解消したいという事で、水分、特にコーヒーや紅茶などのカフェイン入り飲料を摂取される方が多くいらっしゃいます。また、眠気覚ましだとかと言って、水をがぶがぶ飲まれる方も多いですよね。しかし、それは完全なる逆効果です。何故なら、食事中に必要以上の水分を摂取すると、消化液が薄まり、その分、取り込んだ食物を溶かす作業に時間と労力を必要としてしまうからです。実は、我々の体の各消化器...

食後の眠気はおなかが一杯になった事によって引き起こされるもの!何となく気分的なもののようにも感じますが、決してそんな事はありません。これには、私たちの生命力をコントロールしている自律神経がしっかりと関わり、立派な定義を確立しているのです。まず、自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は活動を促す神経、副交感神経は休息を促す神経である事はよく知られた話で、満腹になると、副交感神経が急激に作用...

人は皆、食後にはとかく眠気を感じるもので、その理由や原因はいろいろと言われています。中には、内蔵が弱っているからだとか、糖尿病や高血圧・低血圧、あるいは脳疾患など、様々な成人病のサインだと言う人もいれば、いや、精神疾患の諸症状かも知れないという人もいて、なんだか脅されているみたいですが、何の事はない!食後の眠気の本当の原因と言いますか、理由というのは、体内時計の仕業に過ぎないのです。実際問題、人間...

血液中のブドウ糖の量を示すのが血糖値。「mg/dl」という単位で表され、おなかが空いていようが空いていまいが、とにかく100mg/dl前後なら正常であると思っておかれるといいでしょう。そう、この“おなかが空いていようがいまいが”という部分が非常に味噌で、血糖値は常に正常とは限っていません。と言うより、毎日日々朝から晩まで変動しているのが当たり前なのです。何故なら、私たち人間は、この血液中に含まれて...

最近になってようやく西洋医学においても、血糖値の上昇や下降などが乱雑になると一過性のうつ状態になり、それが慢性化するとうつ病になるという事が言われ始めました。そして、食後の眠気は、この血糖値の上昇や下降が大きく関わっていますから、うつのサインかも知れないという見解も増えて来たところではあるでしょう。しかし、中国4000年の歴史が誇る中医学、所謂東洋医学においては、早くから食後の眠気はうつのサインで...

午後の睡魔は正しく食後の眠気!ランチタイムの後、1時間後位から3時間後あたりまで苦しめられる事もあって、人々はみんな、おなかが一杯になったためだと捕らえられがちです。ならば、昼ご飯を食べなければ眠くならないのか?と言うと、いえいえ、決してそんな事はありません。午後の睡魔は、必ずしも食後の眠気という訳ではないのです。むしろ、覚醒力のスランプ時間だと考えるべきでしょう。人の睡眠時間というのは、正しく人...

晩ご飯はお酒を飲む人なら特に、ご飯やパンなどの主食を食べず、おかずやおつまみだけで済ませられる方も結構いらっしゃる事でしょう。しかし、午後もまた仕事や勉強が控えている昼食ではやはり、お酒を飲む訳には行きません。結果、うどんやパスタなどの麺類、あるいはサンドイッチやハンバーガーなどのパン食、そしてご飯と言った主食を必ず召し上がるという方が圧倒的多数です。しかし、実はこの主食立ちこそが食後の眠気を誘発...

日本人は世界一お米を愛する人類で、とにかく米飯が大好き!中でも、カレーライスやチャーハン、それに丼や定食など、白米たっぷりのメニューは老若男女を問わず大人気です。お米を食べないと力が出ないとおっしゃる方も少なくありません。けれど、こうしたお米大好きの日本人には、いささか衝撃の事実!!白米たっぷりのランチメニューが午後の悪魔に大変身するという事をご存じでしょうか?パンに比べてヘルシーだと見られがちな...

皆さんは、「糖質中毒」という病気をご存じでしょうか?恐らく、甘いものが好きで、絶対にやめられない!スイーツを絶つとイライラして、生きては行けないような病気だと想像される事でしょう。そして、女子が掛かりやすいと思われる方も多いかと思いますが、実際には、甘い物が大の苦手という男性でも容易に発症する可能性の非常に高い疾患で、特に日本男児の場合は、もうすでに重度の方が少なくないものと予測されるのであります...

食後に眠気を感じるのは、一時的に上昇した血糖値を下げるために、リラックスを促す作用を持つインスリンというホルモンが大量に分泌される事も大きいと言われています。しかし、その一方で、食後の強烈な眠気は、糖尿病の危険信号だとも言われているのですが、これって、何だか完全に矛盾しているように思われませんか?そもそも糖尿病という病気は、血糖値を正常に抑えられるだけのインスリンが分泌されない事に始まり、最終的に...

高血糖症と聞くと、何だか非常に悪い病気を想像される方も多いかと思われますが、実際には、多くの方が日々、一度や二度は発症している症状なのです。と言うのも、我々人間は、食事をすれば、自然と多量の糖質を取り込んでしまい、それらは消化管から吸収された後、血液中に溶け出します。そして、その血中に滞留されている糖分こそが血糖で、その量を示すのが血糖値ですからね、食後に上昇するのは自然な原理というもの!また、そ...

食後の眠気を誘発する犯人は多数存在しますが、その一つに、インスリンというヤツがいます。実はこのインスリン、聞いた事はあっても、実際には何者なのか?よく分からないとおっしゃる方も少なくないでしょう。そこでまず、インスリンとはというご説明ですが、分かりやすく言えばホルモンの一種で、膵臓の中にある「ランゲルハンス島のβ細胞」という細胞で作られ、必要に応じて分泌されています。インスリンと聞くと、即糖尿病と...

早食い&大食いは太る食べ方だと言われますが、これはズバリ、食後の眠気を激しく誘発する食べ方でもあります。特に、丼鉢に2杯・3杯のごはんを僅か数分で駆け込むのはとんでもない話!午後から大事な授業や仕事が控えている時などは、正しく自殺行為であると言っても過言ではないでしょう。そもそも、早食いが太る元になると言われるのは、自然と大食いになってしまうからで、私たち人間は、食事開始と同時に、空腹が満たされて...

糖尿病というと、成人病の代表格で、そのターゲットは中高年!且つ、別名贅沢病との言われる位、裕福な食生活を送り、太っている人が最もなりやすいと思われておられる方が圧倒的多数だと言われます。しかし、今も昔もずっとスリムな体型の糖尿病患者さんは決して少なくなく、さらに、若い人は勿論、子供だって発症するリスクは決して低くないという事を知っておきましょう。というのも、糖尿病には1型と2型の2種類があって、不...

暴飲暴食、特にお酒の飲み過ぎは胃や肝臓を悪くするという事は皆さん、よ〜く分かっちゃいるけどという話ですよね。ところが、それは膵臓をも痛めつけているという事は、多くの方が考えもされないようです。恐らく、その理由の一つとして、膵臓という臓器が、非常に地味で、知名度はあるものの、働きなどが浸透していないという部分が上げられるでしょう。それどころか、どこにあるのかも今イチ把握しておられない方が少なくありま...

血糖値と言うと、糖尿病などの成人病を持っている人たちが考えるものと思われがちですが、それはとんでもない話!もし今、毎日のようにランチタイムの後に眠くなるという方がおられたら、是非、血糖値と真剣に向き合ってみて下さい。食後の眠気の鍵を握っているという事が分かるとともに、午後の睡魔を回避する大きなポイントになる事間違いなしですよ。そもそも、血糖値とは何かがよく分からないという方も大勢いらっしゃいます。...

厳しい食事制限をしてせっかく痩せたのにも関わらず、成功後にその反動で過食になり、リバウンドしてしまうというケースはしばしば!実は、それと全く同じ事が、私たちの体内でも毎日のように繰り返されているのです。それが何を隠そう、食後の眠気!昼食後や夕食後に襲って来る強烈な眠気は、ダイエットの後に襲って来る猛烈な食欲と同じ反動の一種なのですが、この場合、交感神経と副交感神経という2つの自律神経が巻き起こして...

よく、休日になると、疲れが溜まっている事を理由に、一日中家で寝てばかりのお父さんがいます。しかし、それで本当に翌日から1週間、絶好調で活動出来ているのでしょうか?特に、昼食後に眠気に見舞われるという症状があったとしたら、それは改善されましたか?恐らく、一日二日は気にならなくても、週の半ばになればまた、同じ頃に同じ症状が見られるようになるはずです。そして、再び同じ事を言います、俺は疲れているのだと・...

糖尿病と言えば、正しく生活習慣病の代表格!もうすでに本格的に発症しているであろう人は、1000万人近くにも上り、予備軍も入れると、日本人の3人から4人に一人は治療や対処が必要だとも言われています。そう、もはや糖尿病は、国民病の一つだと言っても決して過言ではないのです。では、何故、日本がこんなにも糖尿病王国になってしまったのか?その理由は、やはり食生活の多様化が大きい事は否めませんが、それ以前に、元...

食後の眠気との戦いとも言える午後の会議や授業、そこで予め、コーヒーや紅茶を飲んでおかれる事をお勧めします。コーヒーや紅茶は眠気覚ましの定番アイテム!誰もが思いつかれる作戦なのですが、何故か皆さん、眠くなってから飲まれる方が多いんですよね。そして、結局は効果が今イチ出ず、痛い目に遭わされたという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。それに、会議中や授業中に、勝手に飲み物を飲む事自体が難しい、出来ない...

食後強烈に眠くなったり、食前に激しい空腹感と一緒にやって来る眠気、それが実は、血糖の異常を訴えているサインだなんて、普通は思わないですよねぇ!?そもそも血糖というと、糖尿病とすぐ様結び付け、自分には関係ないと、特に若い人なら思いがちです。それに、中高年でもどうしても、血糖値の上昇は気にするものの、低下は気にしないという人が少なくありません。というのも、何故か日本では、高血糖ばかりが問題視され、取り...

健康診断で必ず付きものとなっているのが血圧で、やれ、高いだの、低いだのと煩く言われます。しかし、血圧が高い事そのものは病気ではなく、俗に言われる高血圧症だの、低血圧症だのというのも、厳密には存在しません。あくまでも、“血圧が高いですよ!”、“血圧が低いですよ!!”という世間話のような世界なのです。ただ、高血圧の状態が続くと、その圧力に耐えるため、徐々に血管の内壁は多重構造に形成されて行きます。これ...

食後に眠くなるという事は全く珍しくなく、様々な観点から考えても、一つの生理現象だと言えます。しかし、多くの人が最も眠気を感じるのは昼食後であって、次いで夕食後!朝食後に激しい睡魔に襲われるという人はそれほど多くありません。そこには恐らく、消化のメカニズムに加え、体内時計のメカニズムというのも大きく関わっているのでしょう。我々人間は、朝になって覚醒します。そして活動時間に入る訳ですが、それがちょうど...

食後の眠気より怖いと言われるのが食前の眠気!何故なら、それは低血糖症である可能性が高いからです。低血糖症というのは、読んで字のごとくで、血糖値が下がる病気ですが、実際には多くの方が、血糖値は高い方が問題で、低いのはいいのではないかと思われがちだから困ります。勿論、高血糖は糖尿病の元であって、そこから更に様々な病気や合併症を引き起こしますから、絶対に見逃す事は出来ないのですが、それと同じか、それ以上...

食後の眠気と一口に言っても、単に寝不足や気の緩みが原因で眠いだけなのか?それとも、他に何かしらの症状が明確に見られる眠さなのかというところが非常に重要になります。例えば、激しいだるさやむくみを伴う食後の眠気は、甲状腺機能低下症の代表格である「橋本病」の疑いあり!この橋本病というのは、大正時代に九州大学の外科医:橋本策博士が発表したところから命名されたものですが、その別名を「慢性甲状腺炎」とも言い、...

食後の眠気には、血糖値の高い低いが大きく関わっている事が多いというのは、近頃では、かなり有名になって来ました。しかし、それに加えてもう一つ、血圧も深い関わりを持っているという事は、まだまだ案外知られていないところでしょう。そこで今日は、今更人には聞けない基本中の基本、血圧とは何かという事をあえて語ってみたいと思います。血圧というのは、血管内の圧力の事ですが、私たちの体には、動脈・静脈・毛細血管と、...

食後の眠気には、血圧や血糖値といった血流関係の病気のサインである事が多いと言われますが、それとは別に、甲状腺関連の病気のシグナルになる事も珍しくありません。何故なら、甲状腺というのは、私たち人間の代謝を制御するホルモンを分泌している大切な臓器であって、そこが異常を来せば、当然、新陳代謝に大きな不具合を生じます。そうなると、身体は常に疲労を持つ事となり、取り分け食後のような一つの作業に多大なるパワー...

「寝落ち」と言うと、近頃では、インターネット上でチャットやゲームをしている時に寝てしまい、中途半端なまま放棄する事というイメージが強くなっています。即ち、IT用語の一つのように扱われていますが、実は寝落ちというのは、何かをしている最中に寝込んでしまう事全般を指し、授業中に居眠りする事も寝落ちなら、テレビを見ながらうとうとしてしまう事も寝落ち!なのですが、本当の寝落ちというのは、とても恐ろしいという...

低血糖と言うと、血液中のブドウ糖の濃度がひどく下がる事ですから、主として、空腹時に陥りやすい状況ではあります。それに対し、食後は多くの方が多少なりとも高血糖状態になるものなのですが、実際には、低血糖症を発症する事も決して珍しくはないのです。そして、その低血糖症を発症すると、強烈な眠気がまるで身体を殴りつけるかのように襲い掛かり、そのまま気絶してしまう事もしばしば!人からは単に爆睡しているだけに見え...

食後の眠気は、消化のメカニズム、血糖値のメカニズム、血圧のメカニズム、自律神経のメカニズム、ホルモンのメカニズム、そして体内時計のメカニズムなどなど・・・、様々なメカニズムが組み合わさって、一つの生理現象となっていると言われています。しかし、こうしたメカニズムをコントロールしているのは血!即ち、血流である事は明らかで、この血の流れを整える事により、辛い食後の眠気は大幅に改善される可能性大なのであり...

食後、おなかが一杯になったところで眠くなるというのは、ある種の自然の原理であって、実に多くの方が悩まされておられる事でしょう。ただ、空腹時は逆に、全く眠くならない!それどころか、夜中におなかがグーグー鳴って、寝るに寝られないという事も、厳しい食事制限によるダイエットをされた事のある方なら、きっと経験ある事かと思われます。実際、人間の体というのは、満腹になると、消化吸収という作業が必要になり、さらに...

冷えは万病の元とも言われ、我々人間が最も気を付けなければならない病気であると言っても過言ではないでしょう。そして、その最上級が冷えのぼせです。手足は氷のように冷たいのに、上半身はポカポカ!顔は真っ赤にほてって、汗まで掻いているという状況は、特に中高年の女性の場合、「ホットフラッシュ」とも呼ばれ、更年期障害の典型的症状だとされています。しかし、昨今は、若くしてホルモンバランスを乱す女性も増え、20代...

甲状腺が弱ると、新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンの分泌が衰えますから、心身にパワーがなくなり、一日中怠いとか、眠いという症状が続きます。それは何となく納得出来るというものですが、実は実は、甲状腺が元気すぎても同じような症状が見られるのです。そこで、それもまた「甲状腺機能亢進症」と呼ばれる難病の一種。そして、その代表格が「バセドウ病」です。でも、一体全体なぜ、新陳代謝を促す甲状腺ホルモンの分泌量が多...

強い疲労感とともにやって来るランチタイムの後の異常な眠気は、今、新たに注目を集めるとある現代病のシグナルかも知れません。その現代病とは「睡眠時無呼吸症候群」!英語では“Sleep Apnea Syndromeと言い、それを略して“SAS(サス)”と呼ばれる事もあります。今や日本には300万人を超える患者がいると見られているのですが、まだまだ認識が低く、治療を受けるどころか、自分が発症している事すら...

特定の食事、特にカレーライスを食べた後に、強い眠気を感じ、下痢までおまけに突いて来るとおっしゃる方は思いの外大勢いらっしゃいます。で、その原因として、皆さん考えられるのが香辛料による刺激!刺激が強かったがために体調不良に陥ったと思われる訳です。まあ後、食べ過ぎを上げられる方もおられますね。確かに、過食や更新料による刺激が食後の眠気を誘発する事は、消化のメカニズムや体温調整のメカニズムから見ても、十...

食後の眠気は生理的現象であると言われる反面、大きな病気のサインであるとも言われます。しかし、体質的に食後の眠気を誘発しやすい人もいて、冷え性などはその典型的な例!この場合、病気とは言えませんが、生理的現象と片付ける訳にも行きません。やはり、冷えを改善し、食後の眠気も改善する事は重要になって来るでしょう。では、何故冷え性だと食後に眠くなりやすいのでしょうか?その理由はいくつかありますが、一つは、血行...

最近、何だかまぶたがヒクヒクするという事はありませんか?特に両目のまぶたがヒクヒクするという場合は要注意!「眼瞼麻痺」という一つの眼科系の病気を発症している可能性があるのですが、その初期症状は、ドライアイと非常によく似ているため、気付かないまま放置しておられる方も少なくありません。それに、多少気になるものの、日常生活や仕事に大きな支障を来すような疾患でもなければ、勿論、命に関わるような大病でもない...

血圧にしても血糖値にしても、高い方が問題視され、低い方はそれほどでもありません。それどころか、高いよりは低い方がいいでしょうと言う人もいる位です。確かに、血圧や血糖値が高いと、ほどなく糖尿病や脳卒中、心筋梗塞など、所謂生活習慣病を引き起こす確立は高く、その事を心配されるのでしょう。しかし、実際には、高血圧や高血糖は、その事自体がダイレクトに生死を分けるという事はあまりありません。むしろ、低血糖や低...

風邪だって、喉が痛くなる人もいれば、頭が痛くなる人、おなかが痛くなる人、それに鼻水がだらだら流れる人もいたり、ゴホゴホ咳が出る人、くしゃみが出る人などもいて、実に様々。それと同じように、食後の眠気も、原因がいろいろあって、それに応じた症状が出ます。そのため、単に気が弛んでいるだけという事が多いとは言え、中には典型的病気のシグナルである事も珍しくありませんから、日頃から、食事を取った後にどんな症状が...

甲状腺が腫れ、異常を来すと、新陳代謝を促す甲状腺ホルモンの分泌が正常に行われなくなり、一日中だるいだけでなく、食後などに強い倦怠感と眠気を感じるようになると言います。そもそも甲状腺ホルモン事態は、海藻類に多く含まれ、黒髪の原材料になると言われているヨードを主原料に合成されているもので、ストレートに身体のエネルギーになる訳ではありません。しかし、新陳代謝を最も強烈に促す作用を持っているのが甲状腺ホル...