食後の胃痛は原因も薬もさまざまです。原因を確かめて正しい薬を飲みましょう。

食後の胃痛の原因はいろいろあります。それによって薬も違ってくるはずです。食後に胃痛があったときにはどのような薬がいいのでしょう。

 

◇胃酸過多タイプ
食べすぎ、飲み過ぎ、ストレス、喫煙、刺激物、カフェインなどの摂りすぎによって胃酸がたくさん出てしまったときも食後に胃痛が起こります。この場合はキリキリした胃痛が起こります。特に胃酸過多の場合は空腹のときに起こりやすくなります。食後は一時的に落ちつきを感じますが、すぐに胃痛を感じることもあります。この場合は胃酸を抑える薬や胃粘膜修復薬、制酸薬、複合胃腸薬などがおすすめです。

 

◇消化不良タイプ
体質的に胃腸の働きが弱い場合やストレスや過食、脂の多い食べ物の過剰摂取、加齢、ストレスなどから異彩が薄くなることもあります。この場合は健胃薬や消化薬を飲むようにしましょう。

 

消化不良のタイプには消化液の分泌を促進させる消化酵素剤があります。また胃液、膵液などの分泌促進の薬物などが胃健薬と言われています。

 

◇消化不良に伴う疾患
消化不良の場合、睡眠不足、刺激物摂取、カフェインの摂りすぎ、過労、ストレス、暴飲暴食などいろいろあります。他にも消化不良に伴う疾患もあります。例えば胃下垂などは胃のぜん動運動が低下することで消化不良になることがあります。この場合は消化促進の薬の摂取とともに運動などで胃の周辺や腹筋を付けるようにしましょう。

 

◇胃癌や膵臓癌
胃癌や膵臓癌も消化不良を起こすことがあり、食後の胃痛が起こる場合もあります。この場合はそれぞれの治療による薬の投与が必要になります。

 

◇慢性胃炎
慢性胃炎の8割がピロリ菌の感染によるものと言われています。非ステロイド制抗炎症薬の副作用やストレスも要因になるといわれていますが、ピロリ菌感染が要因の場合はピロリ菌の抗菌薬を摂取するようになります。検査をした上で医師の指導に従うようにしましょう。

 

◇薬だけでなく
薬に頼らなければ改善されない食後の胃痛原因もありますが、多くは健康的な食生活をして、生活習慣を見直すこと。そして食後に休憩をとり体を休めるなどによって改善される可能性があります。

 

1日3回の食事を規則正しく取るようにし、食べすぎ飲み過ぎをせず、脂肪分の多い食品を避けるなど、胃の負担を考えて摂るようにしましょう。またゆっくり咀嚼することも重要です。それら薬だけでなく心掛けることで改善されることも十分考えられます。

食後の胃痛の薬について記事一覧

食後の胃痛と吐き気の原因には急性胃腸炎が考えられます。もちろんそれだけでなく胆石症などさまざまな原因があります。特に急性胃腸炎の場合は薬によってより早く改善される場合もあります。◇ストレスが原因の場合ストレスが原因の急性胃腸炎の場合は薬によって改善されるより、ストレスを解消したり疲れを取ることが一番大切になります。またストレスによる急性胃腸炎になりやすい人は、整腸剤などを飲むようにすると予防するこ...

食後にみぞおちの胃痛を感じるときもあります。多くの人が体験したことがあるのではないでしょうか。特に疲れたときやストレスなどが溜まったときにみぞおちがキリキリしたときはないでしょうか。そんなときには薬は必要なのでしょうか。◇消化不良によるみぞおちの痛み消化不良といっても原因はいろいろあります。ストレスや疲れによって消化不良が起こることもあります。しかし、それだけではありません。例えばよく噛まずに早食...