食後の胃痛と便秘を同時に改善しましょう!

食後の胃痛と便秘はとても深い関係があります。胃と腸は連動していますが、どちらも自律神経の影響を直接受ける内臓でもあります。機能が低下するのも同時に起こることもあります。食後に胃痛が起こる要因に便秘が隠れていることもあるようです。

 

◇病気による胃痛と便秘
食後の胃痛と便秘が同時に起こることもあります。食道炎や消化性潰瘍、胃癌、直腸癌、大腸癌などの疾患があると食後の胃痛や便秘が起こります。他にも胃痛と便秘を伴う病気として腹膜炎、腸閉塞、潰瘍性大腸炎などが挙げられます。

 

◇機能性消化管障害
胃腸に細菌やウイルスの感染や潰瘍、癌などがない場合。そしてレントゲンや内視鏡でも特に何もない場合でも食後の胃痛、便秘が起こることがあります。この場合、胃腸の不快感、膨満感、便秘など起こる原因として機能性消化管障害が考えられます。

 

中でも敏感性腸症候群は食後に吐き気も伴うこともあります。便はウサギの糞のようなコロコロタイプ。しかしこの場合便秘だけでなく下痢との繰り返しになる場合も考えられます。原因はストレスが主となり、女性に便秘型が多いと言われています。

 

そして慢性胃炎神経症胃炎の場合は、食後の胃痛も激しいことが多いようです。慢性胃炎や神経性胃炎と判断されることもあり、便秘、食欲減退、だるいなどの症状があります。

 

◇食後の胃痛と便秘の改善
胃痛の改善と便秘の改善を別に行っても、この場合はあまり効果がありません。胃痛と便秘を同時に改善するようにする方が効果が高いと言われています。例えば毎日の食生活の中にヨーグルトなどを取り入れるようにしてみましょう。胃にも優しく、整腸効果があるのでおすすめです。

 

◇予防
毎日の食事は消化の良いものを意識すること。そしてしっかり咀嚼をしてゆっくり食べるようにしましょう。そしてアルコールやタバコは極力減らし、刺激物はできるだけ避けて油物も減らすようにし、たんぱく質も脂肪の少ないものにします。適度な運動もこころがけ、睡眠時間もたっぷり取るようにしましょう。

食後の胃痛と便秘の関係記事一覧

食後のみぞおちの胃痛は便秘からくることもあります。どうして便秘になると胃まで痛くなるのでしょう。そして改善をするにはどのようにしたらいいのでしょう。胃腸の両面から改善することを考えてみましょう。◇便秘が原因の食後のみぞおち胃痛便秘が原因で、どうしてそのようなみぞおち胃痛が起こるのでしょう。それは腸内に便が溜まり止まってしまうことで、食事で食べたものが腸になかなか流れにくくなります。それによって腸に...

食後に胃痛を感じ、下痢と便秘を繰り返している人も結構いるのではないでしょうか。どんな病気なのか、また改善するにはどうしたらいいのか。予防、改善法なども考えてみましょう。◇大腸癌下痢と便秘を繰り返す症状には大腸癌の疑いもあります。特に食後の胃痛も腸の状態が悪いことから起こる場合もあります。大腸癌も最初の頃はまったく自覚がないことが多く、ある程度進行すると便秘と下痢を繰り返すと言われています。しかし、...