吐き気や下痢などがなければ食べ方や食べ物の問題

食後の胃痛、腹痛について考えてみましょう。特に吐き気があったり下痢があったりということがなければ、食べ方と食べ物の問題があるようです。

 

◇食べ方の問題
食事を食べるときにきちんと咀嚼をしないで、飲み込んでしまうタイプの人もいます。もちろん消化力の強い人なら、ある程度咀嚼ができていれば消化してしまいます。しかし消化力が弱い人はなかなかそれができずに胃痛を起こしてしまいます。

 

そして消化しきれない食べ物が腸に流れることで腹痛を起こすこともあります。下痢まで進まない場合でも腹痛が軽く起こることがあります。食後に胃痛と腹痛を感じたときには、きちんとした咀嚼でしていたかも考えてみましょう。

 

特に早食いの癖のある人は注意が必要です。またいつもと違った食事量、脂物の多さ、アルコール過剰摂取など暴飲暴食をすることでも起こってしまいます。

 

◇食べ物の問題
食べた食事の内容に問題がある場合も考えられます。例えば脂っぽいものを食べることで消化不良を起こすことがあります。固いものはもちろん消化不良を起こします。また冷たいものや熱いものなど、体温と温度の差がある食品も消化不良を起こします。特に冷たいものは胃腸の動きを抑えてしまうので注意が必要になります。

 

◇食後の胃痛と腹痛が続く場合、
食後の胃痛や腹痛が続く場合は、胃腸が弱っていると考えられます。また胃腸だけでなく体力が落ちていたり、他の病気などが潜んでいる場合もあります。代謝が悪くなっているときには胃腸の機能も落ちてしまいます。

 

代謝が落ちていると食後など、胃腸に食べ物が入った後に痛みが出ることも多くなります。体全体を休ませてあげることも考えましょう。またストレスによっても胃痛や腹痛がすぐに起こりやすくなります。

 

◇腹痛と胃痛の違い
腹痛も胃痛も内臓自体には傷みはありません。その周辺の筋肉痛ということになります。胃痛と腹痛の違いはみぞおちの辺りの痛みを胃痛、おへその周辺の痛みを腹痛といいます。つまり大きな境があるわけではなく、位置によって違うだけであり、連動しているとも言えるのです。腹痛は腸が原因、胃痛は胃が原因と決め付けるのはちょっと危険かもしれません。

食後の胃痛と腹痛について記事一覧

食後の胃痛や腹痛、下痢が起こる原因にはいくつか考えられることがあります。そんな中でも可能性の高い原因について、まとめてみたので参考にしてみましょう。◇過敏性腸症候群下痢は腸のぜん動運動が激しくなり便秘はその反対です。でもどちらも腸のぜん動運動の異常なのです。過敏性腸症候群はこの異常を起こしやすいと言われています。特に食事で胃に入ったものが腸に流れたときにぜん動運動が激しく起こり、それによって腹痛や...

食後の胃痛や腹痛に吐き気が伴うこともあります。とても辛い思いを体験した人もいるのではないでしょうか。そこにはどんな理由があるのかまとめてみました。◇消化不良食後の胃痛と腹痛、それに吐き気というと、真っ先に考えられるのが消化不良です。消化不良の理由にはやはり脂っこいものの食べすぎや、過度な食事量、咀嚼不足などがあります。またいつもと同じような食事であっても胃腸の調子がよくなかったり、体調の問題でも消...