食後の胃痛と下痢が起きた場合は急性胃腸炎、消化不良、食中毒などが考えられます

食後に胃痛と下痢が起こることもあります。どのようなことが原因となっているのでしょう。病気だけでなく中毒などいろいろなことと関係がありそうです。

 

◇急性胃腸炎
胃痛と下痢が同時に起こる場合は急性胃腸炎が疑われます。急性なので、食事の後だけでなく突然起こることもありますが、食後は特に起こりやすいようです。吐き気や発熱の可能性もあります。急性胃腸炎はウイルスによって起こる胃腸内の炎症です。食べ物からウイルスが口に入ることがほとんどで、そのままで普通は自然に下痢や嘔吐が治れば終わります。

 

◇ストレスによる消化不良
ストレスが高まった場合、胃の働きが悪くなります。食事をしても胃での消化が悪く、そのまま腸に流れると下痢の原因となってしまうのです。この場合は消化不良ということになりますが、特にタバコやお酒によって、より消化不良が起こりやすくなっているので注意しましょう。

 

急性胃腸炎と間違えそうですが、ストレスによるものは最近とても増えているといわれています。この場合は1食抜くなどちょっと胃腸を休ませてあげることも大切です。下痢止めの薬を飲むより消化のよい食品を食べるようにしましょう。

 

◇食中毒
食品による食中毒のための胃痛・下痢も考えられます。卵加工品や食肉などはサルモネラ菌が疑われます。刺身、弁当、寿司などから腸炎ビブリオ。飲料水、サラダなどから病原大腸菌。鶏肉からカンピロバクターなどが考えられます。

 

意外なところではシチューやカレーからはウエルシュ菌。おにぎりやシュークリームなど人の化膿からブドウ球菌。チャーハンやスパゲティなどからはセレウス菌などがあります。他にも腸管出血性大腸菌O-157なども知られています。

 

このように、いろいろな菌が食べ物には付いている可能性があり、タイミング悪くこれらが付着した食品を食べることで下痢と胃痛が食後に起こることがあります。もちろん菌の種類によっては入院しなければならないものもあり、逆に1回の下痢で治ってしまうものもあります。食べた人の抵抗力の強さによっても違ってきます。

食後の胃痛と下痢について記事一覧

食後の胃痛と下痢に伴っておならも出るなんてことも。そんなときには、どういう理由が考えられるのでしょう。病気の心配はないのでしょうか。◇便秘もともと便秘をしていると食後に胃痛や下痢を伴うことがあります。便秘なのに下痢?と不思議に思いますが、過敏性腸症候群の場合は便秘と下痢を繰り返します。食事の後で急にトイレに行きたくなり、激しい下痢が起こります。おならが出て治るという流れも多いパターンです。腸の運動...

食後の胃痛と下痢にはどのような関係があるのか。そして、関係と原因の両面から考えてみましょう。◇食後の胃痛と下痢の関係食後に胃痛が起こる原因にはいろいろありますが、主に消化不良が起こった場合です。胃の働きが悪くなり消化がうまくできないことで食後には胃痛が起こります。しかし消化されない食べ物がそのまま腸内に流れると、今度は腸内で異物と間違えて下痢を起こしてしまいます。消化不良のための胃痛と下痢にはこの...

食後の胃痛や下痢というと、大きく分けて食中毒関係と消化器機能不良関係とに別れるようです。どちらも食後胃痛とともに下痢が起こりますが、それが続く場合はどういう原因があるのでしょう。◇消化器機能不良胃腸の働きが悪くなっていることで食事の内容や速度によって、消化ができず胃痛がおきることもあります。そのまま消化されない食べ物が腸へ流れて下痢を起こします。しかしそれが毎日のように続く場合は、慢性的に消化不良...

食後の胃痛に下痢があると中毒や胃炎なども考えられますが、吐き気が伴ったときにはちょっと重度なこともあるようです。特に注意することはあるのでしょうか。◇急性胃腸炎急性胃腸炎は食後特に多く表れる症状として下痢と胃痛、それに吐き気というものがあります。ウイルスが食品に付いていたときに起こる可能性が高くなります。その場合、吐き気や発熱があったら、病院に相談に行った方がいいのではないでしょうか。吐き気も下痢...