食後の胃痛はちょっとしたことから重度の病気まで色々な原因があります

食後の胃痛というと、やはり胃に食べ物を入れたことによって痛むことが多いのではないでしょうか。ちょっとしたことから、重度の病気までいろいろな原因があるようです。

 

◇胃癌
もっとも胃の病気では重大な病気の一つに胃癌があります。初期にはあまり痛みなどの自覚症状はありません。しかし食後に胃痛や吐き気を感じるという症状が少したつと出てくることもあります。あまり続くときには一度胃の検査をした方がいいと言われるのは、やはり胃癌の早期発見ということもあるのです。

 

◇消化不良
消化不良によって食べた食事が消化されないために腹痛が起こります。特に消化に悪いたべものを食べたり、量が多かったり、食べる速度が速すぎて咀嚼不足などの理由で起こることがあります。

 

脂っこいものを多く食べたり、カフェインの取りすぎ、アルコールの取りすぎ、暴飲暴食などいろいろなことが原因してきます。少しの間消化のよい食事を意識して、食べすぎなどを避けるようにしましょう。またストレスからも起こるので身心休ませることも大切です。

 

◇胆石症
胆石が胆嚢から飛び出してしまうと、痛みが発生します。特に食事の後に痛みを感じることが多いようです。みぞおちが強く痛むときなどは、胆石がある場合も考えられるので1箇所がきりきりするようなときには注意をするようにしましょう。

 

病院では血液検査や超音波検査ですぐにわかります。小さいうちなら内視鏡で取ることもでき、薬治療でも改善することができます。

 

◇急性胃炎
急性胃炎にはストレス性のタイプやウイルス性のタイプ、細菌性のタイプなどがあり、それによって薬などのタイプも変わってきます。ストレスタイプのものはストレスを解消することが大切です。また体を休ませるなど疲労を取ることが先決です。

 

またウイルス性のタイプは下痢も激しくなることも多く、脱水状態にならないようにすることが重要です。ノロウイルスなどがその代表格です。細菌性のものは食中毒も含まれますが、抗菌剤や抗生物質の投与によって早く改善することもあります。

食後の胃痛の原因を考えてみよう記事一覧

食後の胃痛と下痢の関係はとても親密だと言えそうです。どのような関係なのか、そしてどのような原因でそのようなことになるのかなど考えてみたいと思います。◇食後に胃痛と下痢について食後の胃痛と下痢は、やはり食べたものによる影響あると言えます。食べたものに対して胃腸が対応しきれない場合に胃痛と下痢が起こります。食べものに何か中毒を起こすようなものが混入していた可能性があるという疑いが一つあります。そしても...

食後の胃痛がある場合、その原因はいろいろあります。胃痛が起こるには消化不良が起こっている場合や急性胃炎、胆石、胃癌、胃潰瘍などが考えられます。しかし、検査をしてもどれにも当てはまらないということもあります。ストレスなどが自律神経の乱れに影響している場合、原因がはっきりしないこともあります。例えば職場を変えたら治ったなどということもあり、原因不明の場合の対処方を考えていきましょう。◇食事に注意食後に...

食後の胃痛と吐き気にはそれぞれ、いろいろな原因があります。症状だけではなかなか、その原因が把握できないこともあります。しかしその中でも食後の胃痛と吐き気で考えられる原因はいくつかあります。どのような原因があるのか考えてみましょう。◇風邪、インフルエンザ風邪やインフルエンザなどにかかっていると、食後に消化不良を起こして胃痛が起こります。また消化不良によっての吐き気だけでなく、発熱による吐き気を感じる...