消化器官を動かしているのが、副交感神経

食後の眠気はおなかが一杯になった事によって引き起こされるもの!
何となく気分的なもののようにも感じますが、決してそんな事はありません。
これには、私たちの生命力をコントロールしている自律神経がしっかりと関わり、立派な定義を確立しているのです。

 

まず、自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は活動を促す神経、副交感神経は休息を促す神経である事はよく知られた話で、満腹になると、副交感神経が急激に作用するため眠くなる!
この事も、多くの方が容易に発想されるところだろうと思います。

 

ところがところが、何故、食後に副交感神経が活発になるのか?
この本当の理由は案外知られていないところで、大抵の方は、空腹が満たされた事によって体が満足し、リラックスするからだと考えられます。
けれど、現実には、そんな軽々しい理由で副交感神経が漲って来る訳ではなく、彼らは、自らの力が必要だから出て来るのです。

 

我々人間は、食べ物を取り込むと、それを胃や腸などの消化器官で消化し、エネルギーや不要品に仕分けして行く訳ですが、それには当然、この消化器官がしっかりと働いてくれなければなりません。
そして、この消化器官を動かしているのこそが何を隠そう、副交感神経!
従って、十分作用してくれなければ、消化不良に陥ってしまう訳ですが、その反面、どうしてもリラックス効果が高まってしまうというリスクも付き纏います。

 

それどころか、口を動かす事自体、副交感神経のパワーが必要で、だから人は、食べる事やおしゃべりする事に楽しみや安らぎを感じられるのかも知れません。
加えて、満腹になると、どうしても眠たくなってしまうのであって、これもまた、リラクゼーションの一つであるという捉え方も出来そうではあります。

 

しかし、勿論食後の眠気には様々な要因がありますが、その一つとして、満腹時に働く副交感神経の副作用が上げられるのは紛れもない事実!
だとしたら、やはり極力防がないと、特に昼食時はそうですが、夕食時でも、困る事はよくあります。
そこで、なるべく食道から胃、そして腸と言った消化器官が軽く動くだけで作業を完了出来るような食事方法や内容を考える事で副交感神経の活動を抑えられますから、睡魔も軽減出来るという事になるでしょう。