原因は実にまちまち

人はなぜ、食後に眠気に見舞われる事が多いのか?
その答えは比較的単純で、生理的現象だからしかたがないと言い切る事も出来ます。
ただ、実際の所、その原因は実にまちまちで、身体的な部分に潜んでいる事もあれば、精神面が要因となっている事もありますし、いや、なんの事ない、単に生活環境や習慣に問題があるだけという事もしばしばです。
加えて、日々食後の睡魔に襲われる訳ではなく、全然平気な時もあれば、なんで今日はこんなに眠いんだろう? と思う事もあって、正しくこの何故は、case by caseであると言っても過言ではないのです。
しかも、重要な会議や授業のある時に限って、睡魔というのは襲って来るものです。
そして、なぜ、よりにも寄ってこんな時にと思う訳ですよね。 なんで、もうなんで今なのよ〜! とかって思った事、皆さんにもあるでしょう。
ですが、一度睡魔に襲われると、それを回避するのは並大抵の事ではなく、特に食後の眠気はパワフルですから、咄嗟に克服しようと思っても、そう容易に出来るものではありません。
従って、予め何らかの対処法を準備しておく事も大事ですが、やはりそれ以上に必要なのは予防策です。
事前に睡魔の進入を防げれば、安心して仕事や勉強に集中出来ます。

 

しかし、何分強烈なパワーを持つ食後の睡魔ですから、いかなる場合も確実に防止する事は非常に困難だと考えておいた方が無難でしょう。
となると、取り敢えずは、高確率で回避出来る方法を取る事が賢明であるという事になって来ます。
そして、それにはやはり眠気の原理と原因をしっかりと追求し、根本から解決するのがベターです。 つまり、たかが食後の眠気、されど食後の眠気! 決して侮ってはいけないもので、且つ、簡単な対処法では打ち勝てないという事なんですね。

 

何故なら、そこには何らかの病的要因が潜んでいる事も珍しくはなく、自力で改善する事が不可能であると言っても過言ではない事もしばしばだからです。
そうなれば当然、しかるべきところでしかるべき措置を受けて初めて、なぜ、今まで自分は激しい食後の眠気に見舞われていたのかという理由が明らかになり、その原因に対する対処をする事で徐々に軽減されて行きます。
従って、おなかが一杯になれば眠くなるんだから、しかたがないでしょうで済ませるのではなく、この辺りで一度、日々の睡魔について考えてみましょう。
ポイントになるのは、人はなぜ、食後に食後の眠気に見舞われるのかではなく、自分は何故に、食後の眠気に見舞われるのかという事なのです。