夜にしっかりと眠る事を考えると同時に、休日に寝だめをしようなどという無精な事を試みない事も大切

よく、休日になると、疲れが溜まっている事を理由に、一日中家で寝てばかりのお父さんがいます。
しかし、それで本当に翌日から1週間、絶好調で活動出来ているのでしょうか?
特に、昼食後に眠気に見舞われるという症状があったとしたら、それは改善されましたか?
恐らく、一日二日は気にならなくても、週の半ばになればまた、同じ頃に同じ症状が見られるようになるはずです。
そして、再び同じ事を言います、俺は疲れているのだと・・・。

 

確かに、人間は疲労が蓄積されれば必ず眠気が襲います。
睡魔は疲れている時の典型的症状であると言っても過言ではないでしょう。
そして、それは眠る事でしか解消出来ません。

 

ですが、寝だめもまた出来ない生き物なのです。
仮に月曜日から土曜日まで、毎日後1時間寝たりなかったとしましょう。
そこで、それを補うべく、日曜日の昼間に6時間寝たとしても、それは僅か1日分か2日分の睡眠不足を補っただけに過ぎないという悲しい現実があるという事を把握しておかなければならないのであります。
何故かと言えば、人はそういう風に設計された生き物だからです。
それどころか、昼間寝すぎたために、夜眠れなければ、逆に睡眠不足のまま1週間をスタートさせてしまう事になり、午後の仕事や勉強はより一層辛さを増す可能性も低くないのです。
正に私たちの体は、その日の疲れはその日のうちに解消する事を求めているんですね。
でも、それが上手に出来ていないがために、次の日の昼になっても体は休養を要求し続け、覚醒力が衰え始める昼食後になると、一気に激しく訴えて来るのです。

 

ですから、前日に夜更かしなどをすると、次の日は一日中怠く、特に最もほっこりする食後に、急激に眠気が襲って来るという症状は、多くの方が経験されておられる事でしょう。
けれど、その日々の睡眠不足が慢性化してしまっていると、自然と食後の眠気も日課のようになってしまい、夜もこんなものなら昼もこんなものという生活スタイルが定着してしまいます。
これでは、いつまでたってもランチタイムの後の睡魔は解消されません。
やはりそこは、まずは夜にしっかりと眠る事を考えると同時に、休日に寝だめをしようなどという無精な事を試みない事も大切です。