みぞおちがキリキリしたら胃炎などに気をつけて!

食後、みぞおちがキリキリした胃痛を感じたら、どのような原因が考えられるのでしょう。いろいろな原因があるので自分の原因を見つけるのに参考にして欲しいと思います。

 

◇急性胃炎
急性胃炎は意外と普段でも起きることのある病気です。胃の粘膜がいろいろな原因によって炎症を起こし、それがキリキリとした痛みになることもあります。原因に心辺りがあったら原因を避けるようにして、半日から1日程度の絶食すると改善が早くなります。

 

急性胃炎の原因には、前日に暴飲暴食をしたなどということも考えられます。またアスピリンや抗生物質などの薬の副作用による場合もあるので、そのときには服用を一時中断して処方した病院に相談しましょう。他にもストレスも関係していることがあります。

 

また前日の睡眠不足などから急性胃炎になることも考えられます。他にも風邪やインフルエンザ、盲腸などの場合もみぞおちが痛くなることもあります。牛乳や卵のアレルギーを起こしたときにも考えられます。

 

◇慢性胃炎
食後にみぞおちがキリキリ痛むことが続く場合は慢性胃炎の可能性もあります。原因には喫煙や飲酒、それにピロリ菌感染や加齢などがあります。慢性胃炎の場合はまずバリウム検査、内視鏡検査で炎症の状態によって治療が決ります。

 

胃酸の分泌を抑える薬と胃腸機能の調整剤を投与することになります。そしてあとは規則正しい生活、食事が必要になります。ピロリ菌の感染が見られる場合は薬で除菌することができるので、薬治療を行われます。

 

◇胃潰瘍
胃潰瘍が原因でも、みぞおちがキリキリすることがあります。特に酸っぱいゲップと出血などが伴うときには胃潰瘍を疑うべきではないでしょうか。特に食事中や食後に出やすいと言われています。過労やストレスが原因とも言われています。

 

特に自律神経が乱れることで胃酸と胃粘液のバランスが乱れてしまい、それが潰瘍の原因になります。降圧剤や解熱消炎鎮痛剤の服用を続けていることでも起こる可能性があります。胃酸を抑え、食事療法を行うようにしましょう。胃に穴が空いた場合は即手術となります。

 

◇胃癌
胃癌でも進行している場合はみぞおちがきりきり痛むことがあります。外科手術で胃を取るしかない状態のときもあります。