みぞおちの痛みは便秘が原因!?

食後の胃痛の中には、みぞおちの痛みと便秘などの症状がある場合もあります。原因として、どんな病気が考えられるのでしょう。

 

◇過敏性腸症候群
過敏性腸症候群は下痢や便秘などを繰り返す疾患です。特にストレスホルモンが脳下垂体から放出されます。それによって腸の働きも順調でなくなり便秘を起こします。特に過敏性腸症候群は脳のストレスが原因と言われています。

 

感情を表わしにくい人の方がなりやすい症状です。感情が表現できる人はいわゆるストレス発散することができます。しかし、それができない人は体の中でいろいろなことが起こってしまうのです。まずストレスを解消するために、自分の好きな時間を持つのもおすすめです。辛いこと、苦しいことなどストレスを感じることから目を背けられる時間をつくることも大切ではないでしょうか。

 

中には体をゆったりさせることで楽になれることもあります。長期で休養を取ったり、旅行に行ったり、毎日自分のゆったりする時間をつくるなど、さまざまな方法で癒しを自分のために意識しましょう。

 

◇重度の便秘
便秘がひどくなると、腸内に便やガスが充満してしまいます。それによって胃を押し上げることによって、みぞおちの痛みが強くなります。特に食事の後、腸にスムーズに流れにくく胃痛はよりひどく起こります。また食事中でなくても腸内のガスが発生し溜まるため、みぞおちが痛むようになり、ガスが出ると痛みも落着くということも起こってきます。

 

このままにしていると吐き気もしてくるので、便秘薬で便を強制的にでも出すことも視野に入れる必要があります。日本では数年前には便秘で死亡した女性もいたほどで、便秘だからといってバカにはできないのです。

 

◇胃炎
ストレスなどで胃炎が起こっている場合は食後にみぞおちが痛むことがありますが、それとともにストレスによって腸内の動きも悪くなり便秘になってしまっていることもあります。つまり胃と腸はとても密接に関係していると言えるのです。