みぞおちの痛みに吐き気が伴うのは何かが起きている!?

食後の胃痛は辛いものがあります。それにみぞおちの痛みと吐き気が伴うと、何か起こっているのだろうと不安になってしまいます。そんな症状の病気など、原因を考えてみましょう。

 

◇急性膵炎
食後にみぞおちが痛くなる原因には急性膵炎の可能性があります。みぞおちの痛みだけでなく嘔吐や吐き気も伴うので、胃が悪いのだと勘違いすることもあるようです。検査によって膵炎が見つかることも多いようです。

 

血液検査や画像検査ではっきり判断が付きます。治療によっては絶食なども必要になることもあります。あまり症状が続くようなら、一度病院に相談することも大切ではないでしょうか。また胃炎の痛みより差し込むような強い痛みになることもあるようです。

 

◇胃潰瘍
胃潰瘍ができていると、胃潰瘍の場所によってはみぞおちが痛みます。その上粘膜が傷付いているので吐き気や嘔吐も伴うことも十分考えられます。胃潰瘍はそのまま治るレベルと、手術をしなければならないレベルがあります。また慢性胃潰瘍になると、そこから胃癌へと進むことも考えられるので、早く治療をすることをおすすめします。

 

◇胆石症
食後だけに限らず、胆石があるときにはみぞおちが痛くなります。特に食後内臓が動いた後に起こることも多いようです。痛みや嘔吐、吐き気が襲ってきます。特に痛みはみぞおちや右の腹部などの痛みが考えられます。腰痛や肩こりなども症状として起こることもあります。腹部超音波検査をすることで検査することが可能です。他にもCTやMRIなどでも検査できます。

 

◇胃炎
急性胃炎は暴飲暴食やストレスでも起こりますが、急性的に胃の粘膜が痛むのでどうしても吐き気が伴います。そいてみぞおちの痛みも起こります。1食抜くようにして、できれば安静にしていると早く治ります。慢性の場合は、体質改善やピロリ菌検査を行うようにしましょう。吐き気が伴う方が単にみぞおちの痛みより、より進行した胃炎と考えられます。急性胃炎でも、吐き気を伴う方がより炎症が重いと考えられます。