みぞおちの胃痛と下痢が伴った場合は暴飲暴食やストレスなどに気をつけて

食後のみぞおちの胃痛で、下痢が伴うこともあります。そんな症状の原因もいろいろ考えられます。どのような原因があるか参考になればと思います。

 

◇暴飲暴食
前日などに暴飲暴食をした場合、消化不良も伴ってみぞおちが傷むことがあります。そして消化しきれなかっただけでなく、腸も弱っていることから下痢を伴うこともあります。

 

◇ストレス
ストレスによって胃酸過多となり、粘膜が傷付いて炎症を起こしてしまっている場合もあります。食後にはみぞおちが痛み、腸の弱ることから下痢が同時に起こることもあります。ストレスは自律神経が乱れるため体すべての機能が低下します。特に胃腸に影響が出やすく、胃痛や下痢になることも多々あります。

 

睡眠時間をしっかり取ったり、気分転換などストレス解消を心掛けるようにしましょう。またストレスによるものなら、消化によいものを食べるようにして胃腸を労ることも大切です。

 

◇食中毒
食事を取ったときに毒素を含むものを食べてしまうと、下痢だけでなくみぞおちの胃痛も同時に起こることもあります。その原因には細菌やウイルス、化学物質、自然毒素などがあります。自然毒素には毒草、毒きのこ、フグ毒などがありますが、意外と身近にある場合もあります。

 

食中毒の症状としては下痢、腹痛、胃痛、嘔吐、発熱などがありますが、出やすいのは下痢、胃痛、腹痛、嘔吐です。だんだん軽くなる場合はそのままでも大丈夫ですが、ひどい場合はどんどんひどくなるので、そのときには病院に行くことが必要になります。

 

◇風邪
風邪やインフルエンザでも、細菌やウイスルが胃腸内に影響を与えることがあります。その場合、みぞおちだけでなく胃全体がシクシク痛んだり、下痢がひどくなったりすることもあります。食中毒のときと違い、腹痛のない下痢が起こることが多いようです。

 

◇便秘
痙攣性便秘はストレス性便秘とも言われ、食後に胃痛や腹痛を伴い下痢をします。しかし下痢をすると今度は便秘をし、また下痢をするというように下痢と便秘を繰り返すこともあります。