食後に胃痛と吐き気があったら急性胃腸炎を疑ってみて

食後の胃痛と吐き気の原因には急性胃腸炎が考えられます。もちろんそれだけでなく胆石症などさまざまな原因があります。特に急性胃腸炎の場合は薬によってより早く改善される場合もあります。

 

◇ストレスが原因の場合
ストレスが原因の急性胃腸炎の場合は薬によって改善されるより、ストレスを解消したり疲れを取ることが一番大切になります。またストレスによる急性胃腸炎になりやすい人は、整腸剤などを飲むようにすると予防することもできます。しかし基本的には疲れを溜めない、ストレスを溜めないということが大切です。

 

◇ウイスルが原因の場合
ウイルス性の急性胃腸炎の場合は代表的なものとしてノロウイルスなどがあります。ウイルスに効果のある薬はないので、吐き気止め程度飲むことで、あとはとにかく水分補給をしっかりしましょう。下痢止めは飲まない場合も飲んだ場合も、特に改善に変りはないと言われています。スポーツドリンクなどをしっかり飲むようにしましょう。

 

◇細菌が原因の場合
細菌が原因の場合は抗菌剤や抗生物質などの薬を飲むことで改善が早くなります。また本当にひどい状態になった場合は抗生物質を飲まないと重篤になる場合もあるので、医師に相談するようにしましょう。ちなみに抗生物質などは医師の処方によってのみ手に入ります。

 

◇急性胃腸炎意外の病気と薬
食後胃痛と吐き気の起こる原因には胃潰瘍ということも考えられます。食後毎回胃痛と吐き気が起こるときには、特に胃潰瘍の可能性も疑うことが必要になります。胃潰瘍の場合ピロリ菌や胃酸過多のために起こることが多いと言われています。

 

ピロリ菌の除菌に使われる薬は、2種類の抗菌薬とプロトンポンプ阻害薬と3種類合わせます。この薬でほとんど除菌することができますが、副作用として腹痛や発疹の可能性もあります。

 

胃に傷ができると胃酸の刺激で潰瘍が悪くなります。胃酸が多いために胃粘膜を傷付けるので、中和する薬によって胃の傷を治すようにします。胃酸を抑えるための薬を飲むことで改善されていきます。