食後のみぞおちの痛みは消化不良かも。薬で治すよりも予防してみて。

食後にみぞおちの胃痛を感じるときもあります。多くの人が体験したことがあるのではないでしょうか。特に疲れたときやストレスなどが溜まったときにみぞおちがキリキリしたときはないでしょうか。そんなときには薬は必要なのでしょうか。

 

◇消化不良によるみぞおちの痛み
消化不良といっても原因はいろいろあります。ストレスや疲れによって消化不良が起こることもあります。しかし、それだけではありません。例えばよく噛まずに早食いをしたときに、食後にみぞおちが痛くなることもあります。食べすぎたと思ったら、食後にきりきりみぞおちが胃痛が起こることもあります。こんなときには消化を促進するような消化酵素などの配合胃薬を飲むようにしましょう。

 

脂分の多い食事を取りすぎたときや、アルコールの飲み過ぎ、カフェインの摂りすぎなどにも消化促進の胃腸薬がおすすめです。しかしそれだけでなく整腸剤や胃健薬などもおすすめです。

 

◇薬意外の改善方法
薬以外に食後にみぞおちの胃痛があったときには、まず横になって体を休ませます。静かにしていると落着いてきます。それでも辛いときには整腸剤や消化剤を飲んでみましょう。すぐに薬で治すという考え方より、予防をすることを考えるようにしたいものです。まず消化の良いものを食べるようにします。そしてよく咀嚼して時間をかけて食べるようにしましょう。

 

疲れが溜まっている場合は休暇をとったり、睡眠時間を十分取るようにします。そしてストレスを溜めないように自分なりのストレス解消法を考えてみましょう。お風呂を上手に利用すると、アロマ風呂などリラックスの時間が作れます。また好きな趣味の時間を増やすなど、ストレス解消を考えるようにしていきましょう。

 

◇胆石症
食事の後のみぞおちの痛みには胆石が原因している場合もあります。その場合は胆石の大きさや位置などによって薬を飲んで治療する場合もあります。胆管結石にはビリルビンが多いとされ、胆汁酸であるウルソデオキシコール酸やケノデオキオシコール酸を服用することになります。また痛みが激しいときには鎮痛剤としてジクロフェナクナトリウムの座薬などが服用されることが多いようです。