下痢も便秘もどちらもぜん動運動の異常によって起こってしまう症状。ストレスが原因かも。

食後に胃痛を感じ、下痢と便秘を繰り返している人も結構いるのではないでしょうか。どんな病気なのか、また改善するにはどうしたらいいのか。予防、改善法なども考えてみましょう。

 

◇大腸癌
下痢と便秘を繰り返す症状には大腸癌の疑いもあります。特に食後の胃痛も腸の状態が悪いことから起こる場合もあります。大腸癌も最初の頃はまったく自覚がないことが多く、ある程度進行すると便秘と下痢を繰り返すと言われています。しかし、この状態ですぐに発見できればまだ間に合います。早めに病院で検査をするようにしましょう。

 

◇過敏性腸症候群と食後の胃痛
下痢と便秘を繰り返す人のほとんどが、この過敏性腸症候群と言われています。便秘というと腸のぜん動運動が弱ってしまい、排出することができなくなります。逆に下痢の場合は腸のぜん動運動が強すぎて、水分を吸収することができず下痢してしまうというものなのです。

 

つまりまったく反対の症状であっても、腸のぜん動運動異常ということなります。どちらもぜん動運動の異常によって起こってしまう症状なのです。つまり腸のぜん動運動を正常にしてやることが大切になります。

 

ではどうしてぜん動運動異常が起こってしまうのか。そこにはストレスが大きく影響しています。ストレスは自律神経のバランスを乱すために腸のぜん動運動のコントロールが上手にできなくなるのです。

 

食後の胃痛はこの敏感性腸症候群が直接影響するのではなく、便秘によって胃から腸への流れが悪く胃痛が起こります。また下痢によって胃も荒れてしまうことで、食後胃痛が起こったりもします。腸と胃は無関係では、いられないということにつながりそうです。

 

◇敏感性腸症候群の改善
敏感性腸症候群を改善するためには、まずストレスをためないようにしましょう。ストレスは自分だけでは、解消することができないことばかりです。そこでストレスを受けないようにするというより、溜めないようにするといいのではないでしょうか。

 

そのためには自分なりのストレス解消法を身に付けることが大切です。そして身体的には消化のよい食事を心掛けましょう。また特に下痢をしているときには過激な運動や過度な労働を避け、便秘のときには適度な運動をするようにしましょう。このように心と体を労ることで敏感性腸症候群の改善となるはずです。