食後の胃痛や腹痛、下痢が起こる原因は過敏性腸症候群、消化不良、急性腸炎を疑ってみて

食後の胃痛や腹痛、下痢が起こる原因にはいくつか考えられることがあります。そんな中でも可能性の高い原因について、まとめてみたので参考にしてみましょう。

 

◇過敏性腸症候群
下痢は腸のぜん動運動が激しくなり便秘はその反対です。でもどちらも腸のぜん動運動の異常なのです。過敏性腸症候群はこの異常を起こしやすいと言われています。特に食事で胃に入ったものが腸に流れたときにぜん動運動が激しく起こり、それによって腹痛や胃痛が起こり、下痢にもなってしまうというものです。

 

ストレスが原因で起こりやすい症状なので、ストレスを改善することと消化のよいものを食べて体を休ませることが大切になります。いつまでも放っておくと慢性化してしまいます。

 

◇消化不良
食べ物が消化できずに消化不良を起こすことで、そのまま腸に流れていき下痢をするという場合もあります。食べた食事が消化しきれないものであったり、胃酸が多くて消化できなかったり、食べ方が悪くて消化できなかったり。

 

また暴飲暴食だったりということでも消化不良は起こります。消化しきれないものが腸に入ると、腸は異物だと思ってすぐに下痢というかたちで排出しようとします。

 

◇急性腸炎
急性腸炎も食後の胃痛、腹痛、下痢に関係します。急性腸炎の要因はウイルスや細菌、毒素などが体に入り、腸に炎症を起こします。腸の働きが悪くなることで胃の働きも悪くなり結局胃痛も腹痛も起こってしまいます。そして少しでも悪いものを出そうと激しい下痢が起こることもあります。

 

しかし腸内の菌で細菌や毒素を緩和することができると腹痛までで下痢まで起こらないこともあります。どれも侵入してきたものの強さや量、そしてその人の免疫力、抵抗力によっても症状の出方はまったく違うこともあります。

 

食事のときに腐ったものなど、菌が繁殖してしまっているものを食べたときなどは、比較的すぐに腹痛、胃痛、下痢と症状が出てきます。逆に下痢が出るまで胃痛と腹痛で苦しみ、下痢が出るとすっきりしたという経験は誰でもあるのではないでしょうか。

 

これは悪いものが下痢というかたちで排出することができたからなのです。この場合は特に下痢がひどくても心配することはありません。しかし胃腸が弱っているので、胃腸を温めて体を休めるようにしましょう。