食後の胃痛や腹痛に吐き気が伴うことがあったら消化不良、中毒症状、ストレスを疑ってみては

食後の胃痛や腹痛に吐き気が伴うこともあります。とても辛い思いを体験した人もいるのではないでしょうか。そこにはどんな理由があるのかまとめてみました。

 

◇消化不良
食後の胃痛と腹痛、それに吐き気というと、真っ先に考えられるのが消化不良です。消化不良の理由にはやはり脂っこいものの食べすぎや、過度な食事量、咀嚼不足などがあります。またいつもと同じような食事であっても胃腸の調子がよくなかったり、体調の問題でも消化不良は起こります。

 

特に内臓全体の機能が落ちているときには胃腸の働きも落ちているので、普段と変わらない食べ物を食べていても消化不良が起こることもあります。つまり誰でも起こる可能性があることから、もし起こっても焦らないようにしましょう。

 

そういうときには消化を助ける胃腸薬を飲んだり、体を休ませるようにしましょう。数回の食事は消化のいいものを意識的に食べるようにし、完全に消化不良を改善してしまいましょう。慢性消化不良になってしまっては大変です。

 

◇中毒症状
ウイルスや細菌、毒素などの中毒症状でも、食後胃痛や腹痛、吐き気が起こります。ひどいときには下痢も起こりますが、下痢が起こるほどでなく吐き気と腹痛、胃痛が起ることもあります。

 

細菌は室温が高いことから、思わぬ食品が腐敗することもあります。ひどい腐敗でなければ臭いなども分らないので食べてしまうこともあります。そんなときでも細菌や毒素が体内に入ったときに腹痛や下痢が起こります。

 

強い菌は食べて数十分後には腹痛が起こってきます。この場合、吐き気や下痢が伴い、思い切って吐いてしまったり下痢をしてしまうと逆にすっきりすることも多くあります。

 

◇ストレス
激しいストレスによって自律神経に影響があり、胃酸過多になったり、胃腸の動きに異常が起こることがあります。それによって食事の後に胃痛や腹痛が起こります。ストレスによって内臓の機能が急激に落ち、消化不良を起こすこともあります。ストレスの場合はとにかく、リラックスをして消化のよい食事を摂るようにしましょう。1日絶食などをしても改善が早くなります。まず温かいお風呂などで代謝を上げて、内臓の機能をアップすることを考えましょう。