胃痛に加えて背中痛と下痢がある場合は様々な症状を疑ってみて

食後の胃痛はいろいろな理由がありますが、背中痛と下痢などがある場合は何が関係しているのか、その辺を掘り下げてみましょう。

 

◇胃潰瘍
食後に胃痛が起こる理由はいろいろですが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のように、胃の中に潰瘍があると食事の後、胃痛が起こることがあります。痛みは広がる性質があるので、強くなると背中痛まで起こってきます。

 

そして胃酸が多くなっていると、そのまま食事は腸へと消化されないまま流れてしまいます。それによって下痢も起こってしまうというわけです。このように胃潰瘍などがあると、食後の胃痛、背中痛、下痢などが起こると考えられます。

 

◇胃癌
胃癌は初期にはあまり自覚症状がないとも言われています。しかし少し進行してくると食事の後、いつも胃痛が起こるということも起こります。そして胃痛が強くなると背中が痛く感じることもあります。胃癌の場合、下痢とは限らず便秘の場合もありますが、特に腸の調子が悪くなるので、正常な状態でなくなることも多いようです。

 

◇敏感性腸症候群
こちらも下痢や便秘、そして両方交互に起こることなどいろいろです。特にこの敏感性腸症候群は食後の胃痛もあり、人によってはその痛みが強くなると背中まで痛むことがあります。下痢しているときは1食抜いたり、消化のよいものを食べるようにして胃腸を労ることが大切です。

 

◇急性胃炎
急性胃炎が起こると、その痛みは相当な痛みとなり、背中の方まで痛みが広がることもあります。急性胃炎が起こると下痢や嘔吐も、同時に起こるところも特徴としてあるようです。急性胃炎の中には下痢や嘔吐がひどい場合もあり、そうなると脱水症状にも注意が必要となります。

 

胃腸にウイルスが入ることで起こる下痢や胃痛です。胃痛だけでなく腹痛を感じることもありますが、特に痛みが強いので背中痛も起こってしまいます。ノロウイルスもよく知られたものの一つです。

 

症状としては悪質なものでなくても1日は下痢と吐き気が続きます。ひどいものになると1週間程度続くので、もちろん老人や小さい子供は入院などの処置をしないと命にもかかわることになります。