胃痛と下痢に伴っておならが出る場合は、便秘、消化不良、食中毒なので病気の心配はありません

食後の胃痛と下痢に伴っておならも出るなんてことも。そんなときには、どういう理由が考えられるのでしょう。病気の心配はないのでしょうか。

 

◇便秘
もともと便秘をしていると食後に胃痛や下痢を伴うことがあります。便秘なのに下痢?と不思議に思いますが、過敏性腸症候群の場合は便秘と下痢を繰り返します。食事の後で急にトイレに行きたくなり、激しい下痢が起こります。おならが出て治るという流れも多いパターンです。腸の運動機能や便秘機能衰えていることから下痢や便秘を交互に起こしてしまいます。

 

特にストレスによって自律神経のバランスが崩れ、起こることが多いと言われています。また肉体の疲労や緊張なども精神的なもの同じく原因になりますが、どちらも連動していることがほとんどです。そんなときには整腸剤の服用をおすすめします。そしてストレスを抱えないような工夫をすることも大切です。ストレスは胃腸と直結しているので即影響があるようです。

 

◇消化不良
胃腸の働きが弱っていると、消化不良を起こします。食べたものが胃で消化されにくく、そのまま腸に流れ下痢を起こしてしまいます。胃と腸では食べたものが早々と発酵しだすと、おならも出だします。消化不良のときのおならは、食品の発酵したそのままの臭いなので臭いおならと言われています。特に便秘がちな人は臭いおならが出やすいとも言われています。芋類やニンニク、かぼちゃ、ゴボウなどガスが出やすいようです。

 

◇食中毒
食中毒などでも、食後胃痛や下痢、そして臭いおならがつきものです。腹痛や吐き気も伴うこともあります。腹痛の下痢がしっかり出てしまうと治ってきます。しかし、なかなか腹痛や胃痛が治らず、吐き気もあり下痢も止まらないのであれば注意しましょう。脱水症状が起こってしまうので病院に行くことが必要になります。軽いものなら下痢とおならが出終ったとき、症状も治ることがほとんどです。逆に下痢が出るまでは胃痛とおならがひどくなることもあるようです。