食中毒関係で下痢が続く場合は病院へ行くことも考えて

食後の胃痛や下痢というと、大きく分けて食中毒関係と消化器機能不良関係とに別れるようです。どちらも食後胃痛とともに下痢が起こりますが、それが続く場合はどういう原因があるのでしょう。

 

◇消化器機能不良
胃腸の働きが悪くなっていることで食事の内容や速度によって、消化ができず胃痛がおきることもあります。そのまま消化されない食べ物が腸へ流れて下痢を起こします。しかしそれが毎日のように続く場合は、慢性的に消化不良になっている可能性があります。

 

その場合は、一度完全にその症状が治るまで消化の良いものを食べるようにします。良く咀嚼するようにし、腹八分目にしておくようにしましょう。消化を助ける胃薬を飲むのもおすすめです。

 

◇胃腸の働きが悪くなる理由
胃腸の働きが悪くなる要因として、暴飲暴食やアルコールの取りすぎなどがあります。消化の悪いものを咀嚼も不完全に食べたなどという原因もあります。また脂っこいものを大量に食べたりしたときにも胃腸の働きが悪くなります。もちろんストレスからも胃腸の働きは弱ってしまいます。

 

それだけでなく、代謝が落ちると免疫力も内臓の働きも落ちています。風邪や病気などの病み上がりも胃腸の働きが悪くるので、それぞれの体調が要因となることもあります。体が冷えてしまっている場合も消化が悪く食後の胃痛、下痢の原因になります。それも続く場合は治るまでは、消化のよいものを食べるように注意が必要です。

 

◇中毒関係
食べた食事の中にウイルスや細菌、化学物質、自然毒などが付着していた場合は、下痢や胃痛が起こります。それをきっかけに、食事のたびに胃痛と下痢を繰り返すようになる場合もあります。そのようなことが続く場合は、胃腸が中毒をきっかけに弱っていることも考えられます。

 

何日も続くようなら整腸剤などを飲むこともおすすめです。また腹痛も伴うようなら中毒が強い可能性もあるので、できれば薬の服用や病院などへの相談も必要になります。また胃痛、下痢、腹痛、発熱、吐き気などが同時に起こってくるようなら、病院へ行くことをおすすめします。相当強い毒性が体内に入ってしまった可能性も考えられます。