食後の胃痛や下痢、吐き気を伴うときには一度検査も必要かも知れません、できるだけ早く病院へ

食後の胃痛に下痢があると中毒や胃炎なども考えられますが、吐き気が伴ったときにはちょっと重度なこともあるようです。特に注意することはあるのでしょうか。

 

◇急性胃腸炎
急性胃腸炎は食後特に多く表れる症状として下痢と胃痛、それに吐き気というものがあります。ウイルスが食品に付いていたときに起こる可能性が高くなります。その場合、吐き気や発熱があったら、病院に相談に行った方がいいのではないでしょうか。吐き気も下痢や嘔吐をしたら治る程度であれば問題ありませんが、ずっと吐き気と下痢が続くようなら自己判断は危険かもしれません。

 

◇食中毒
食後に胃痛や下痢、そして嘔吐がひどい場合は、いろいろな菌の影響である可能性があります。また腸管出血性大腸菌O-157やコレラ菌、赤痢菌、チフス菌など、重度の命にもかかわる中毒の場合は、下痢、胃痛、吐き気、発熱などひどい重度の症状が起こります。いつもと違うと感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

◇消化吸収不良
消化機能が落ちた場合は、消化吸収不良が起こります。これはストレスから起こるときもあり、脂っこいものを食べすぎたときや早食いをしたときにも起こります。消化ができないとそのまま腸に入りますが、腸では異物としか判断しないので、すべて下痢というかたちで排出してしまいます。胃下垂や胃のぜん動運動の低下がある胃アトニーなどは消化不良を引き起こします。スリムで腹筋の少ない人に多いとも言われます。

 

◇食べ物によるもの
ニンニク、トンガラシなどの刺激物や、その人の適量を超えたアルコールなどが原因となります。胃酸の分泌が乱れ、消化酵素を分泌する膵臓機能の低下が起こるような、これらの食べ物によって胃痛、吐き気が起こることもあります。

 

胃酸が異常の多く出ることで吐き気がひどくなり、消化酵素が出にくくなれば消化されずに腸に流れるので下痢にも当然なってしまいます。またいつもと同じ量のお酒でも体調が良くないと、消化不良を起こすことがあります。他にも体が冷え切っていた場合は胃腸の働きがグーンと落ちるため、それによって食後に胃痛や吐き気、下痢が起こることも考えられます。

 

◇重大疾病が隠れている
胃腸が弱いと思っていても、胃癌や膵臓疾患、胆嚢疾患などのケースも考えられます。食後いつも胃痛や下痢、吐き気を伴うときには一度検査も必要かも知れません。特に胆嚢や膵臓癌や疾病は分りにくい部分なので、検査をするきっかけが早ければ早期発見することもできます。