改善するには意識的に睡眠を多くとり、疲労をなくすことが大切

食後の胃痛と下痢の関係はとても親密だと言えそうです。どのような関係なのか、そしてどのような原因でそのようなことになるのかなど考えてみたいと思います。

 

◇食後に胃痛と下痢について
食後の胃痛と下痢は、やはり食べたものによる影響あると言えます。食べたものに対して胃腸が対応しきれない場合に胃痛と下痢が起こります。食べものに何か中毒を起こすようなものが混入していた可能性があるという疑いが一つあります。

 

そしてもう一つは胃腸が弱っていたり潰瘍などがあって、消化しにくい状態になっているために胃痛と下痢が起こったということがあります。そしてその胃腸の弱っている原因はストレスなど精神的なものから、体質、重度の病気が隠れているなど、それぞれの理由があるのではないでしょうか。

 

◇消化不良を起こす原因
消化不良を起こすと、なかなか消化されない食べ物が胃の中に残って胃痛を起こします。また、それが腸に流れれば下痢が起こります。この二つは連動しているので同時に起こることもあります。さて、この消化不良を起こす原因を考えてみましょう。

 

まず体が弱っている場合があります。例えば疲労や病気上がりなどで、体力が落ちているときに内臓全体の機能が落ちます。それによっていつもの食事でも消化ができなくて胃痛や下痢をすることもあります。

 

また食べ物が原因の場合もあります。例えば消化の悪いものをたくさん食べたり、脂っこいものを多く食べたり、暴飲暴食したりということも考えられます。他に咀嚼の足らない食べ方なども原因になるかも知れません。

 

◇敏感性腸症候群の影響
敏感性腸症候群の場合は、ちょっとしたストレスでもすぐに消化不良を起こして下痢になってしまうこともあります。ストレスを溜めないようにすることも重要ではないでしょうか。自律神経を乱すことで胃炎や下痢などが起こります。

 

◇改善するには
一言で言うには胃腸を強くすることが大切です。そのためには身心ともに休憩したいところですが、なかなかそうもいきません。少しでも意識的に睡眠を多くとり、疲労をなくすことが大切です。

 

また食事は胃痛や下痢が治るまで消化のいいものを意識して食べるようにします。そして腹八分目にしておきましょう。アルコール類は量を減らし、タバコは避けるようにしましょう。冷たいものや刺激の多いものも避けるようにしましょう。