胃痛と吐き気になった場合にはさまざまな原因があります

食後の胃痛と吐き気にはそれぞれ、いろいろな原因があります。症状だけではなかなか、その原因が把握できないこともあります。しかしその中でも食後の胃痛と吐き気で考えられる原因はいくつかあります。どのような原因があるのか考えてみましょう。

 

◇風邪、インフルエンザ
風邪やインフルエンザなどにかかっていると、食後に消化不良を起こして胃痛が起こります。また消化不良によっての吐き気だけでなく、発熱による吐き気を感じることもあります。高い熱が出ているときには風邪やインフルエンザが考えられます。

 

◇虫垂炎
いわゆる盲腸の炎症が起こってくると食後に胃痛があります。だんだんひどくなると食後だけでなく、胃痛や腹痛、吐き気が起こってきます。右下腹部が痛くなったら虫垂炎を疑ってすぐに病院に行くようにしましょう。

 

◇消化不良
消化不良を起こすことで食後の胃痛や吐き気が起こります。消化不良を起こすにはストレスも大きくかかわっています。心身ともに疲れていないでしょうか。ストレスが溜まっていないでしょうか。そんなときにはまず体と心を休ませるように心がけましょう。

 

ストレス解消するようにしたいものです。そして症状が治るまでは食事は消化のいいものにし、食べすぎないようにしましょう。刺激物や脂分の強いもの、カフェインなどの取りすぎも注意しましょう。

 

◇ウイルス性急性胃腸炎
ウイルスによって起こす急性胃腸炎の場合もあります。ウイルスというとノロウイルスなどが知られていますが、感染力も強く、下痢もひどくなるので脱水にならないように注意が必要です。ウイルスを除去するという薬はないので時間が薬となります。その間安静と脱水予防をすることが大切です。不安なら病院に行くようにしましょう。

 

◇細菌性急性胃腸炎
細菌による急性胃腸炎の場合は、抗生物質を投与する方が早く治ることもあります。しかし吐き気と下痢で1日程度つらい思いをした後、自然に改善することも多いようです。様子をみて、どうしても治りが悪ければ病院に行くようにしましょう。