吐き気がある場合は急性胃腸炎の可能性が高くなります

食後の胃痛と下痢が起こることは消化不良が原因と考えられますが、特に吐き気がある場合は急性胃腸炎の可能性が高くなります。急性胃腸炎について考えてみましょう。

 

◇急性胃腸炎と胃痛の原因
急性胃腸炎の原因はさまざまあります。意外にもストレスともとても密接な関係があります。ストレスによって脳が刺激され、それによって自律神経に伝わって胃腸機能が活発化します。しかし、それは胃酸過多になって胃粘膜を逆に荒らす原因になります。そこで暴飲暴食などしたら、より急性胃腸炎になりやすくなります。

 

また免疫も弱くなるので、いつもなら特に問題にならない細菌やウイルスなどが食物についていた場合、それに異常反応してしまい胃痛や下痢、吐き気などを起こします。

 

◇急性胃腸炎と下痢の原因
急性胃腸炎で下痢をする原因にはストレス性の場合は、自律神経が刺激されることで胃酸が活発に分泌し、腸のぜん動運動も激しくなります。ぜん動運動が激しくなると下痢を起こします。その上、消化されていない食べ物がそのまま腸に流れてしまうと、それも下痢の原因となってしまうのです。特に細菌やウイルス性の場合は吐き気もひどくなる可能性が高くなります。

 

◇薬で治す
ストレス性の急性胃腸炎の場合は薬を飲んでもストレスを解消しなければなかなか改善しません。逆にウイルス性や細菌性の急性胃腸炎の場合は殺菌力の強い薬などで改善することができます。どちらも整腸剤によってはやく正常な胃腸に戻る可能性は高くなります。

 

◇急性胃腸炎の症状
特に急性胃腸炎になると胃痛、下痢、そして激しい嘔吐が起こることもあり、腹痛、発熱なども起こる場合もあります。風邪と似た症状ですが、感染性胃腸炎の場合はウイルスや細菌なので、ストレス性より激しい吐き気に襲われることが多いようです。

 

あまりひどい下痢や嘔吐の場合は脱水症状が起こることもあります。あまり続くようなら病院に行くようにしましょう。子供など小さい子や老人はすぐに脱水症状を起こすので、特に注意してあげるようにしましょう。