風やインフルエンザ、ウイルス性胃腸炎や食中毒が疑われます

食後に胃痛や吐き気が起こる場合胃炎系の問題が考えられます。しかし純粋に胃炎だったら熱はあまり出るとは考えられません。そんなことからどのような病気が考えられるのでしょう。いろいろな病気の可能性の中から特に可能性の高い疾患などを考えてみました。

 

◇風邪やインフルエンザ
胃炎だけでは発熱が起こりませんが、風邪による消化不良によって胃痛が起こることがあります。また風邪の熱や熱による吐き気も考えられます。消化不良からの吐き気かも知れませんが、どちらにしても風邪やインフルエンザで高い熱が出ているときには、食後に胃痛や吐き気、発熱が起こることがあります。

 

◇ウイルス性胃腸炎や食中毒
食事によってウイルスや細菌などを摂取してしまったときには、胃痛、腹痛、吐き気とともに発熱が起こる可能性もあります。ノロウイルスなども代表的なウイスル性胃腸炎ですが、他にも0-157 などもよく知られています。これらはひどい吐き気が襲ってくることが多く発熱も起こります。

 

また、食品が腐っていたりすると食中毒になってしまいますが、そのときにも胃痛は吐き気、ひどくなると発熱が起こります。

 

ストレス性の急性胃炎では発熱は起こりません。しかしストレスなどで自律神経が乱れてしまい、ウイルス性や細菌性の急性胃炎にかかりやすくなるという意味ではストレスも注意しなければなりません。

 

いつでも免疫をアップしておくためにはストレスを溜めないようにし、また毎日の睡眠や生活習慣なども注意することが大切になります。体が元気であればよほどの事でない限り急性胃炎にもならないはずです。

 

◇盲腸、腹膜炎
盲腸や腹膜炎の場合も食後胃痛が激しかったり、吐き気、発熱などが起こります。特に右下腹あたりを押して痛いようなら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

◇胆嚢炎や胆管炎
胆嚢や胆管に炎症を起こしたときも食後に胃痛や吐き気を起こします。発熱も炎症がひどいときには起こります。ただしこの場合は胃痛も相当きりきりと痛みが強くなる子とが多いようです。