背中の痛みを伴う吐き気は胆石症が疑われます

食後の胃痛もひどくなると背中が痛くなったり吐き気が起こることもあります。原因はいろいろありますが、どのような疾患が考えられるのでしょう。

 

◇胆石症
肝臓から分泌された胆汁が固まって結石になってしまい、それが胆嚢外に出ていくと痛みを伴います。その大きさや位置によっても痛みは違いますが、食後の胃痛と背中の痛みという症状からは胆石症の疑いが考えられます。鈍痛のときもあれば、きりきりと差し込むような痛みの場合もあります。そしてそれとともに吐き気や嘔吐を伴うのも胆石症の特徴だったりします。

 

◇胆石症の治療
胆石症は血液検査や超音波などで胆石があるかどうかの検査は行われます。そこで胆石が見つかった場合は、大きさによって内視鏡による胆石や胆嚢の取りのぞき手術が行われます。どうしても内視鏡では難しい場所や、大きい場合は開腹手術が必要な場合もあります。

 

◇胆石予防
胆石にならないためには、暴飲暴食や油分の多い料理や、脂肪分の多い食品を食べ過ぎないことが大切です。高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病にかかっている人にも多く見られます。

 

◇胆石症以外
胆石症以外にも食後の胃痛や背中の痛み、吐き気という症状は起こる可能性があります。特に胃痛が激しくなると背中の痛みを感じる場合があります。特に急性胃炎などは激痛があるため、痛みの拡散として胃腸の痛みが背中の痛みにまで広がることもあるのです。その上、ウイルスや細菌性の急性胃炎の場合は特に吐き気が伴うことも多くなります。

 

また急性胃炎はストレスからも起こることがあります。原因がストレスとウイルスとに分れていますが、それはあくまでも直接的な原因であって、そこに至までにはどちらも関係していることもあります。

 

例えばストレスで相当胃腸の働きが悪くなっているときに、ウイルスや細菌が食事によって感染した場合。普通ならたいしたことのない程度のものに強く反応することもあります。食べ物にはいろいろな細菌がまったく0ということはありません。それでも体に影響するほど出ないことが多いのは、わたしたちの免疫機能がしっかり守っているからなのです。しかし体調全体が弱っていると、ちょっとした細菌などにも大きく影響してしまいます。