食後に胃痛が起こったり、吐き気や背部痛が起こったらまず病院へ

食後に胃痛が起こったり、吐き気や背部痛が起こることがあると、ちょっと心配になるかも知れません。重大な病気が隠れていることはないのでしょうか。どのような状態のときに、これらの症状が起こるのか考えてみましょう。

 

◇胆石症
食後の胃痛が激しいと、どうしても背部痛が起こりやすくなります。それによって吐き気があった場合は、もしかすると胆石症の可能性もあります。胆石が今まで胆嚢の中にあった場合、痛みはありませんが胆嚢管などに出てくると食後に胃痛がひどくなります。その痛みはとても強いもので背部痛にもなっていきます。

 

痛みは拡大する性格をもっているため、特に胆管に胆石がある場合などは背部痛が起こりやすいと言われています。吐き気も同時に起こることがあり、あまり痛みが強いときにはすぐに病院で検査をしましょう。検査は超音波でもすぐに分るので、辛い検査はせずに結果を知ることができます。

 

◇急性胃炎
ストレス性急性胃炎やウイルス性急性胃炎の場合も、食後の胃痛と背部痛や吐き気が伴います。強いストレスを受けたときや、ずっとストレスが溜まっているときにも食後の胃痛が起こります。胃痛が激しくなると背中まで痛みを感じるようになり、吐き気も同時に起こってきます。しかしウイルス性急性胃炎より、ストレス性の急性胃炎の方が、吐き気を起こすことは少ないようです。

 

逆にウイルス性や細菌性の急性胃炎になると、吐き気がほとんど伴うので辛く感じることもあります。この場合、背部痛も起こる可能性が高くなります。

 

◇インフルエンザ
インフルエンザのときにも、消化不良による胃痛やウイルスによる胃痛が起こります。吐き気も強く起こることもあり、背中絶対がみしみしするような痛くなることもあります。特に発熱している場合が多く、水分不足にならないように注意することが大切です。

 

またウイルス性の急性胃腸炎などでは下痢も伴い、胃痛や背中痛もひどくなる場合もあります。あまりひどいときには医師に相談するようにしましょう。薬を飲んでもインフルエンザなら1週間は症状があるので、その間の食生活が極力消化のよいものを食べるようにしましょう。